fbpx

シングルサインオン、ADFSとIDaaSのどちらを選択するべきか

シングルサインオン(SSO)導入への挑戦

クラウドアプリケーションの導入率はここ数年で劇的に高まっています。Sansan、SmartHR、Dropbox、Office 365などのクラウドアプリケーションが企業全体に展開されています。その結果、多くの企業がクラウドアプリケーション用のポリシーを策定しているか、近い将来に策定しようとしています。ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)の実現もこの流れの一貫です。(ゼロトラストの原理や原則を詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。)

今日、多くの企業は、シングルサインオン(SSO)の導入を検討しており、ユーザーは、各アプリケーションに個別に認証することなく、すべてのクラウドアプリケーションやWebアプリケーションに簡単にアクセスできるようになっています。また、すべてのクラウドアプリケーションを単一の認証リソース(多くの場合、Microsoft社のActive Directory)に接続したいと考えています。そして大抵の場合、Active Directoryに対してシングルサインオンを実現するソリューションとしては、Active Directory Federation Services(ADFS)であると結論づけている。

より詳しくシングルサインオン(SSO)について知りたい方は、
こちらのホワイトペーパーもご覧ください。今だけ無料で公開しています。

しかし、すべてのActive Directory統合ソリューションが同じように作られているわけではありません。

続きを読む

セキュリティにおけるゼロトラストの段階的な実現方法

概要:ゼロトラストの段階的な実装

この記事では、ゼロトラストなセキュリティモデルを段階的に実現するための指針となる原則を共有します。ゼロトラストの実現に向けて現在がどのような状態なのか、準備ができているかどうかといった評価を可能にします。その評価を踏まえ、どのような部分にどのような対策が必要なのかを明らかにします。ゼロトラストの実現はすべての組織が異なるため、それぞれの導入手順や導入箇所も異なりますが、この記事に示すゼロトラストの段階的な実現方法が読者の方のゼロトラスト・セキュリティ実現を促進することを期待します。尚、ゼロトラストの原理や原則を詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

続きを読む

【ガイドライン】多要素認証ベンダーを選定する際の検討事項と前提知識

4つの重要な考慮事項 〜多要素認証の選択を導くために〜

多要素認証は、規模や業界を問わず、すべての組織にとって重要なセキュリティ要件です。しかし、すべての多要素認証システムが同じように作られているわけではありません。企業が投資を行うのであれば、多要素認証について十分に考え抜かなければなりません。選びぬいた多要素認証 ソリューションは、現在の要件を満たすだけでなく、将来のビジネスの成長と進化を可能にし、安全にする必要があります。

このガイドラインは、多要素認証に投資する際に考慮すべき重要な要素を理解するのに役立ちます。

続きを読む