fbpx

アプリをOffice 365に移行する際の主な課題

Office 365の移行の最中のほとんどのITおよびネットワークリーダーのようであれば、完全に準備されたさまざまな変更や状況に遭遇した可能性があります。移行を始めたばかりか、順調に進んでいるかに関係なく、Office 365はその機能の点で、そしてネットワークへの影響の点で大きな問題です。

ほとんどの組織は段階的に移行します。これは賢い方法です。スイート内のさまざまなOfficeアプリとエンタープライズプランで提供される多くのサービスには、独自の機能と使用例のセットが付属しており、これらはすべて、接続と容量に異なる影響を与えます。 各アプリが最高のパフォーマンスを発揮するように最適化されていることを確認することが重要です。

最終的にMicrosoft Officeソフトウェアを使用する唯一の方法になるという事実に加えて、Office 365の主要なドライバーは、生産性とコラボレーションを向上させることです。ファイル共有とオンラインサービスを通じてOffice 365によって実現されるコラボレーションは、プロセスを合理化し、企業に競争上の優位性をもたらし、市場投入までの時間を短縮します。

しかし、アプリの応答が遅い場合、ビデオの品質が低い場合、または接続が切断された場合、人々はどのように効果的にコラボレーションできますか?コラボレーションと生産性はOffice 365の主要な利点です。そのため、移行するときにユーザーエクスペリエンスに集中することが非常に重要です。

このドキュメントでは、Office 365スイートの主要なアプリとサービスを見ていきます。そして問題なく移行および導入を成功させるためのヒントとコツを提供し、新しいレベルの生産性とコラボレーションのための高速なユーザーエクスペリエンスを提供します。

ここで取り上げるアプリケーションとサービス、およびそれらの課題と解決策は次のとおりです。

  • Office 365 ProPlus
  • OneDrive for Business Sync
  • Exchange OnlineとOutlook
  • SharePoint
  • Skype for Business and Teams

Office 365 ProPlusの課題

多くの場合、ProPlus は組織がOffice 365への移行を開始する計画です。このスイートには、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、およびOutlookが含まれます。ほとんどの人はこれらのアプリケーションに精通していますが、Office 365の世界でそれらを使用することは、ユーザーと管理者にとって重要な変更です。何が変わりますか?1 つには、アプリはMicrosoftのオンラインファイルホスティングおよび共有プラットフォームであるOneDriveに大きく依存しています。

ProPlus スイートでドキュメントを編集する場合、Office 365は通常、ローカルキャッシュバージョンのドキュメントを使用せず、代わりにOneDriveのドキュメントを利用します。オンラインバージョンを開くことにより、Office 365は共有を可能にし、他のユーザーがドキュメント内で共同作業できるようにします。

これは、生産性とコラボレーションに大きな影響を与える可能性のある機能を備えた優れた機能ですが、ネットワークがタスクに達していない場合、ユーザーは不満を抱き、ローカルドキュメントを使用する可能性が高くなり、Office365プラットフォームの利点が失われます。 。

ProPlusを利用する上で推奨されること

まず、これらのアプリ、およびOffice 365スイート全体について異なる考え方をします。実際、Office 365のアプリとサービスはトラフィックを表すものであり、インターネットに向かうトラフィックのように扱うべきではありません。Office 365トラフィックを識別し、それを他の重要度の低いトラフィックよりも優先できるようにすることが重要です。これにより、Microsoftにできるだけ早く到達します。

次に、Microsoftは、Microsoftネットワーク上のOffice 365接続エンドポイントの分類を更新しました。世界中に配置されているこれらの宛先エンドポイントは、「最適化」、「許可」、「デフォルト」に分類されています。これらの定義は、Microsoftネットワークへの高速追跡が必要なOffice 365接続を決定するのに役立ちます。

トラフィックの識別と優先順位付けのプロセスを簡素化するために、Office 365トラフィックを自動的に分類し、シングルクリックでルーティングを最適化するワンクリック機能があります。これは大幅な時間の節約であり、ユーザーが必要なOffice 365エクスペリエンスを確実に得る方法です。

OneDrive for Business Syncの課題

ストーリーは次のとおりです。ユーザー(Daveと呼びましょう)が新しいOffice 365アカウントを取得します。Daveのラップトップには20 GBのドキュメントがあり、DaveはOffice 365の使用を開始することに非常に興奮しているため、OneDrive for Businessの同期を実行することにしました。そして、ネットワークゲートウェイに何が起こるかを推測します。

企業のネットワークがOneDrive for Businessの同期によって爆破されるという話は無数にあります。課題は、OneDriveがOffice 365のほとんどすべての機能の中心であるため、そのアクティビティを考慮する必要があることです。一方、ファイルホスティングサイトとして、その潜在的な影響を見過ごすのは簡単です。それが起こらないようにしてください。考慮されていない場合、OneDriveのパフォーマンスの問題は、Office 365の残りのエコシステム全体に波及し始める可能性があります。

OneDriveを利用する上で推奨されること

OneDriveではレイテンシの追跡が重要ですが、ネットワークレベルで帯域幅を制御することがより重要になることがよくあります。アップロードとダウンロードの制限を構成することは、OneDriveがネットワーク接続を過飽和にするのを防ぐための鍵です。

しかし、制限を定義することは役立ちますが、実際にはそれらの制限をどこに設定するかによって異なります。クライアントレベルでは、あなたは1MBのアップと10MBのダウンのみを許可する何かを設定することができますが、ブランチで何百人ものユーザーを集めると、ネットワーク層に帯域幅制御を抽象化する必要があります。

ブランチオフィスのローカル出力ポイントに帯域幅制御を配置するのが最適です。マイクロソフトはOffice 365の最適な接続方法としてローカル下りを推奨しているため、この接続を制御することが、Office 365の正常な展開とブランチ接続を保証するための鍵となります。

これらのローカル出力接続をより細かく制御できるようにするために、かなりの時間を費やしました。優れたソリューションを利用すると、Office 365トラフィックとオープンインターネットトラフィックに関する包括的なルールを設定できます。たとえば、Office 365トラフィックの40%を保証しながら、OneDrive接続が残りのローカルブレークアウトをデシメートしないように、最大帯域幅を全帯域幅の50%に制限できます。

Exchange OnlineとOutlookの課題

Exchange Onlineは、他のMicrosoft製品やサービスほど待ち時間に敏感ではありません。メールはリアルタイムサービスではないため、メール配信の遅延はエンドユーザーにも気付かれません。しかし、Exchangeには2つの課題があります。

  • 課題1:オンラインカレンダーの閲覧は、パフォーマンスが十分でないとイライラする場合があります。管理者とエグゼクティブアシスタントの共通のニーズである複数のカレンダーをオンラインでプルアップしようとすると、ユーザーエクスペリエンスはひどいものになります。CEOの管理者が会議がスケジュールされるたびに4倍長く待たなければならない場合に、そのことを確実に聞くことができます。
  • 課題2:これはもっと隠されています。Outlookは、Exchangeへの大量の接続を開きます。ユーザーあたり約20です(下の画面キャプチャを参照)。アプライアンスの世界では、同時接続が多すぎるとすぐに終了します。これは、アプライアンスが一度に処理できる接続の数が有限であるためです。

Office 365を展開するとき、同時接続数は膨大になり、多くの企業はゲートウェイへの攻撃の準備ができていません。

Exchange OnlineやOutlookを利用する上で推奨されること

接続の過負荷に関する懸念のため、MicrosoftはOffice 365の接続ガイダンスでプロキシをバイパスすることを推奨しています。トラフィックをプロキシアプライアンス経由でルーティングしないことを選択することで、Office 365 でよく発生するパフォーマンスの低下を回避できます。

しかし、プロキシをバイパスする場合、論理的な質問は次のとおりです。セキュリティを復元するにはどうすればよいですか?クラウドのセキュリティファイアウォールは素晴らしい選択肢です。完全なセキュリティスタックを使用して、オープンインターネットに向かう残りのトラフィックを保護しながら、Office 365トラフィック全体を完全に制御できます。

SharePointの 課題

SharePointほどユーザーをワクワクさせるものはありません。ドキュメントの管理と保管に重点を置いていますが、高度にカスタマイズ可能です。ユーザーは独自のフォーム、ナビゲーション、ワークフローを作成したり、カスタムのブランディングやテーマを適用したりできます。人々の働き方を真に変えることができ、ほとんど無制限に使用できるため、多くの部門がSharePointを多用してさまざまな問題を解決しています。

コラボレーションを改善するその可能性は軽視することはできませんが、その能力はネットワークに大混乱をもたらすことがよくあります。ユーザーはSharePointの潜在的な利点を活用して内部プロセスを改善することを熱望しているため、SharePointの使用は迅速に拡張できます。さらに、SharePointページとドキュメントリポジトリは、巨大なドキュメント、グラフィックス、猫のビデオで過負荷になることが多く、状況をさらに悪化させています。SharePointの展開における重要なステップは、容量計画です。

SharePointを利用する上で推奨されること

では、どのくらいの容量を計画する必要がありますか?予測するのは難しいですが、一部のガイダンスでは、ユーザーあたり1時間あたり3.6 MBの想定から始めることを提案しています。これは低いように見えますが、500人のユーザーがいるブランチでそれを合成すると、要件はすぐにエスカレートします。

ただし、実際には、さらに多くの容量を計画する必要があります。ユーザーがSharePointのパワーを味わい、一般的なOffice 365の要件が拡大するにつれて、帯域幅の必要性が急に失われ、パフォーマンスも同様に急速に低下する可能性があります。

Skype for Business and Teamsの課題

最後の最大の課題を保存しました。SkypeがすべてのOffice 365アプリの中で最も難しいのはなぜですか?フル機能のビデオ会議プラットフォームであるSkype for Businessは、リアルタイムのインタラクションに関するものです。つまり、遅延要件を最小限にする必要があります。インタラクティブなビデオと音声を配信するには、SkypeはUPD(ユーザーデータグラムプロトコル)トラフィックを使用する必要があります。

このUDPトラフィックにレイテンシがあると、ユーザーはすぐに痛みを感じます。重要な会議中にユーザーの怒りを煽るビデオ接続の切断のようなものは何もありません。重要なヒントは、Skype UDPトラフィックをSkype TCPトラフィックとは異なる方法でルーティングしないように注意することです。これらの2つのトラフィックパターンが地理的に異なる地域のネットワークから出る場合、Microsoftのフロントドアは、これらの個別の重複したSkype 接続を同じユーザーコールに解決できない場合があり、これも接続の切断につながる可能性があります。

Microsoftのアカウントでは、Skypeのレイテンシがエンドツーエンドで150 ミリ秒を超えてはなりません。安全のためにエンドツーエンドレイテンシレートは本当に低くする必要があります。従来の企業ネットワークに何マイルものMPLSがあり、ゲートウェイにレイテンシを引き起こすアプライアンスのスタックが存在する場合、この要件はしばしば課題となります。キッカーは、エンドユーザーがあなたの闘争を本当に感謝していないということです。彼らは自宅でかなり長い間Skypeを使用して友人や親戚に電話をかけてきましたが、そのパフォーマンスは確かです。これは、ネットワークとホームネットワークの競争になります。ネットワークが失われ、ユーザーエクスペリエンスが再び悪化しています。

Skypeを利用する上で推奨されること

留意すべき点が2つあります。先に述べたように、ローカルの下りが鍵となりますが、DNS戦略に集中し続けることも重要です。Microsoftの正面玄関に接続するときは、ユーザーが最寄りのローカルの正面玄関に接続していることを確認する必要があります。ローカルDNSを活用することで、旅行中のユーザーは、自宅の場所にルーティングされるのではなく、常に高速なローカル接続に確実に接続できます。

もう1つの考慮事項は、「ヘアピニング」と呼ばれるものです。これは、リモートユーザーのトラフィックがクラウドに向かう前にデータセンターをツアーする方法です(その後、ユーザーに戻る途中で同じトリップを行います)。マイクロソフトはヘアピン接続を推奨しません。簡単に言えば、セキュリティと制御のためにVPN を介してネットワークにモバイルユーザーを強制すると、特にSkype通話の場合は、元に戻ることだけがパフォーマンスを低下させます。なので勿論、理想的にはVPNをゼロトラストに移行していく事が推奨されます。

ここからどこへ行きますか?

Office 365への移行には、ユーザーの生産性とコラボレーションを変革する多くの約束が伴います。しかし、大きく変革するものと同様に、いくつかの課題も伴います。実際には、Office 365は、IT組織がクラウドに移行する必要がある最大のプラットフォームの1つです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*