fbpx

EMMがどのように輸送・物流を変革し、強化しているか

T&L機能を可能にし、強化するために設計されたIT機能は、現行および次世代のT&Lへの投資を最大限に活用するために、モビリティ・テクノロジーへの依存度が高まっているのは当然のことです。スタッフ、ローカルおよび広域の無線ネットワークとサービス、アプリとアプリケーション、モバイルデバイスなど、T&L の重要な要素を最適に管理することが不可欠です。これらすべての要素の仕様、展開、および継続的な運用の要件を考えると、成功は企業のモビリティ管理(EMM)ソリューションに大きく依存しています。

T&LNの主なIT要件

なぜEMMは現代の輸送・物流において重要なのでしょうか?それに答えるためには、まず、どのような形態のT&Lにおいても、ITの主要な目的を見なければなりません。

効率的な運用

運輸・物流ソリューションプロバイダーは、企業顧客と消費者の両方のサービスを向上させ、コストを削減し、スタッフの生産性を向上させるために、永遠の探求を続けています。適切な管理ツールは、これらの目標をすべて達成するものであり、CRMERP、給与計算、関連機能などのバックエンドシステムと統合する必要があります。

信頼性とリスク低減

複雑さは、しばしば輸送や物流の要因となります。天候、スタッフの問題、車両のスケジューリングなどは、大量かつ多様な種類の商品を輸送する際に複雑さと混乱の網を生み出す要因のほんの一例に過ぎません。時間とコストを浪費し、規制遵守を危険にさらし(ELDのロギング義務化など)、顧客を失望させるようなサービスの問題は明らかに避けなければなりません。EMMソリューションは、本質的な機能をサポートし、本質的な信頼性を確保しなければなりません。

経営の可視性

自動化されたソリューションは常に進歩していますが、ラインマネージャーなどがリアルタイムで何が起こっているかを理解し、正確さと効率性の両方で対応できるようにすることは、成功に不可欠です。これには、エンドツーエンドのパッケージ追跡や、最適なサプライチェーン管理のために倉庫内で必要なステップ数を最小限に抑えるなどの活動が含まれます。EMMは、トラッキングをより効率的にする技術を企業に導入することを支援するとともに、デバイス上のGPSトラッキング機能による可視性を向上させます。

セキュリティ

もちろん、効果的な情報セキュリティと運用セキュリティを確保することも重要です。セキュリティは継続的な課題であり、今後も継続する可能性が高いため、管理ソリューションは、進化する課題と新しいソリューションの両方に対応できるように柔軟性を持たせる必要があります。

さらに、T&Lソリューションは、モノのインターネットの台頭の恩恵を受け始めたばかりです。IoTは、人間が直接関与することなく主要な機能を提供するインテリジェントなデバイスを統合し、例えば、自動化されたパッケージ追跡や物流監視などの機能を可能にして、適切なアイテムを適切な場所で正確に適切な時間に入手できるようにします。今後数年間で数十億台のIoTデバイスが導入されることは容易に想像できますが、EMMはすでにIoTへの投資が生産性の向上、業務効率の向上、そして有意義なリターンをもたらすことを保証する上で大きな役割を果たしています。

また、デバイスの信頼性と確実なアップタイムも必須条件となっています。組織が不可欠なビジネスツールとしてモビリティをますます利用するようになるにつれ、ノートブック、スマートフォン、タブレット、そして幅広いIoTデバイスやオペレーティングシステムにとって、ダウンタイムは大きな課題となってきています。これらのデバイスが利用できなくなると、T&Lプロバイダーは納期に間に合わず、顧客の期待を裏切り、法規制コンプライアンス違反のリスクにさらされ、最終的には収益と利益の機会を失うことになります。

従来のモバイル・エンドポイントとIoTデバイスの両方に加え、その他のT&Lソリューションには、信頼性、パフォーマンス、効率性、セキュリティを保証するEMM機能が必要です。

EMM要件

エンタープライズモビリティ管理は、あらゆる輸送・物流ソリューションの中心に位置し、デバイス、コンテンツ、セキュリティ、アプリケーション管理を実装するすべての機能を含まなければなりません。EMMの核となる目標は、常に可視性、制御、信頼性の向上を含むものでなければなりません。これにより、倉庫や荷役場のスタッフからドライバー、T&Lサービスに依存する顧客まで、関係者全員にとってソリューションが最適化されます。

モバイル機器の自動設定

多くの場合、多種多様なモバイルデバイスの使用を最適化するには、アプリの自動インストール、デバイスの更新、および継続的なアプリ管理など、幅広いEMM機能が必要となります。また、例えば単純なバーコードスキャンや、近距離無線通信(NFC)の「バンプ」などの機能を利用した簡素化されたオンボーディングも重要です。Apple Volume Purchase Programや同様のソフトウェア管理ソリューションとの統合により、必要に応じてアプリケーションの配布やライセンスの管理も簡単になります。最後に、プロファイルを介した迅速なプロビジョニングにより、必要なロールベースのユーザー機能を、ユーザーのクラス(管理者、フロア、ドックスタッフなど)や地域など、必要に応じて簡単にプロビジョニングすることができます。

ユーザーのリモートサポート

T&L アプリケーションは一般的に地理的に分散した場所で動作するため、生産性を奪う問題が深刻化する前に、ユーザーが必要なサポートにアクセスできるようにすることが不可欠です。これは、ヘルプデスクやその他の権限のあるサポートスタッフがリモートアクセスし、必要に応じて、特定のデバイスを制御し、ファイル同期を実行し、ユーザーとチャットを可能にし、リモート設定や修理をサポートすることができなければならないことを意味しています。

セキュリティ

情報セキュリティと運用の継続的な完全性は常に最重要課題です。そのため、ネットワーク上には許可されたトラフィックのみが存在し、特定のユーザー権限によって個々のデバイスの行動範囲が制限されていることを確認することが非常に重要です。また、ファイルや文書の安全なコンテンツ管理と、ミッションや活動に応じたセキュリティを設定して閲覧することも重要です。

可視性

リアルタイムの管理の可視性は、T&Lソリューションのすべての要素で継続的な改善を推進するために使用できるあらゆるオペレーションデータの収集、評価、分析に依存します。これには、作業員やオペレーション全体の管理者から収集したリアルタイムのデータや、人からトラックに至るまで、管理者が重要と考えるあらゆる移動物体のリアルタイム管理の可視性を可能にするために使用できるワイヤレス・ジオフェンシングのような高度な機能が含まれます。

規制遵守

T&Lは高度に規制された業界であるため、EMMソリューションはすべてのコンプライアンス要件を満たす必要があります。これには、出荷書類の品質を確保することや、特定の設定におけるすべての税関規制やその他の要件を満たすことが含まれます。さらに、EMMを使用することで、例えば車両の走行中にデバイスを強制的にロックダウンさせることで物理的な安全性を高めることができ、注意散漫運転の可能性を減らし、その結果、責任を最小限に抑えることができます。

結論

効果的な輸送およびロジスティクスソリューションは、全体の生産性を向上させ、問題を迅速に解決してダウンタイムを最小限に抑えるためのリモートサポートを提供し、モバイルT&L ITソリューションのあらゆる側面でエンドツーエンドの可視性をもたらすトラッキングとレポートを提供します。エンタープライズ・モビリティ管理は、成功するT&L機能の中核であり、あらゆる場所でのT&Lオペレーションをリードするビジネスに不可欠な利点を提供します。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*