fbpx

デジタルワークフローは機械と 労働者の安全性を新たなレベルへ

モノのインターネット(IoT)が革命を起こしている分野の一つに安全性があります。スマートで接続されたデバイスの台頭により、メーカーは機械の稼働状況、労働者の健康状態、工場の状態をこれまでにないレベルで可視化できるようになりました。作業員の生体情報を取得するウェアラブルデバイスから、施設の一酸化炭素レベルを検出するセンサーまで、IoT対応の安全装置やシステムからは、これまで以上に多くのデータがストリーミングされています。

しかし、IoTのメリットを真に享受するためには、安全資産からできる限り多くのデータを収集するだけでは十分ではないことを念頭に置いてください。この情報を行動に移すことができるインテリジェントなプラットフォームが必要です。この課題に対処するために、新しいストリーム処理IoTは、ユーザー定義のルールに照らし合わせて安全装置のデータを評価し、この情報をSaaSを用いたデジタルワークフローの形でアクションに変換します。先を見越したメンテナンスのスケジューリングから機械の電源遮断まで、これらのワークフローは、機械の安全性とインシデント対応の処理方法に大きな影響を与えます。

このIoT技術が、機械や作業員の安全性を新たなレベルに引き上げるのにどのように役立つかを詳しく見てみましょう。

安全装置を管理するスケーラブルなIoTエンジン

現在、特に石油・ガス、製造業、その他の産業環境では、安全性の傘に該当するIoTデバイスには事欠かないものがあります。温度やその他の環境センサーは、安全または危険な作業条件に関する情報を記録します。ウェアラブルは、心拍数、動き、位置情報など、作業者の身体測定値を記録します。安全装置は、機械の動作状態をリアルタイムで継続的に監視し、装置が摩耗や故障の兆候なく安全に動作し続けることを保証します。

しかし、IoTはプロセスを理解するための新たな機会を生み出したことは間違いありませんが、データを実行可能なものにするための新たな課題も生み出しています。

ここにIoT Bridge型製品の出番です。この水平方向に拡張可能なストリーム処理プラットフォームは、様々な安全装置をデジタルワークフローに接続し、安全装置からの大量の利用可能なデータの収集、表示、および対応を可能にします。標準プロトコルを使用して、デバイスを認証して通信し、ルール処理エンジンを使用して、ユーザー定義のルールに照らしてデータを評価します。

これらのルールは、受信データストリームを既存のワークフローベンダーの提供する機能と橋渡しするデジタルワークフローを自動的にトリガーし、安全関連のインシデントに迅速に優先順位を付けて対応することを可能にします。

安全性(Safety)as a Service

IoT Bridgeのようなデジタル・ワークフロー・プラットフォームは、安全なリアルタイム・データとインテリジェンス・ソフトウェアを使用して、安全装置の健全性を監視します。IoTを活用することで、様々な人やシステム間のマルチステッププロセスを自動化し、オペレーションの効率性と顧客サービスの質を向上させます。

これらの機能により、IoT Bridgeは、製品を中心としたサービスサポートシステム全体の販売に焦点を当てたサービス化されたビジネスモデルへのシームレスな切り替えを支援します。これまで以上に簡単に安全性を機械に組み込むことができるようになることで、安全性をサービスとして提供し始めることができ、競争力を高めることができます。

職場の安全性を変革する

デジタルワークフローは、貴重な安全装置のデータを行動に移すことで、お客様の業務に多くのメリットをもたらし、以下のことを可能にします。

  • 機器の機能安全性を高めるIoTの利点は明らかですが、相互接続されたデバイスが豊富にあり、それぞれのデバイスはますます複雑な電子機器やソフトウェアを搭載しているため、システム安全機能の実装がますます困難になる可能性があります。
  • 労働者の健康、安全、福利厚生の向上:デジタルワークフローは、環境センサーからのデータをより効率的に管理することができ、作業環境の可視性を高め、放射線、熱、湿度などの過酷な条件への作業員の曝露を減らすことができます。これらの理由から、デジタルワークフローは、労働者の負傷、事故、欠勤の割合を減らし、ダウンタイムを最小限に抑え、生産性を向上させることができます。
  • インシデント対応の迅速化と改善: 作業員が重大なイベントや事故を報告すると、あらかじめ設定された自動化されたワークフローが開始され、医療チームの派遣などの安全プロトコルが加速されます。逆に、環境センサーが危険な作業状態を検出した場合、例えばガスの高レベルが検出された場合、ワークフローは自動的に人員にそのエリアから避難するように通知します。
  • 真の予知保全を実現:デジタルワークフローは、単に反応的な対応を提供するだけでなく、危険な機械の故障を事前に予測して未然に防ぐことができます。現場の安全装置からのデータを集約し、その情報を機械学習予測アルゴリズムに利用可能にすることで、IoT Bridgeは、潜在的に危険な装置の故障を回避するワークフローを積極的にトリガーすることができます。

IoT Bridgeは、常時状態を監視し、予測分析を行うことで、潜在的に危険な状態を検出し、自動的に修正作業を開始して、危険を未然に防ぎ、機器の全体的な機能安全性を向上させます。これらの理由から、IoT Bridgeは、安全性完全性レベル(SIL)やその他の基準を維持するのに役立ちます。

デジタルワークフローとサイバーセキュリティ

IoTの多くの利点にもかかわらず、スマートで接続されたデバイスの爆発的な増加により、サイバー攻撃の数が増加しており、労働者の安全性に対する脅威が増大しています。幸いなことに、いくつかのベンダーが、これらのゼロトラストセキュリティによるサイバーセキュリティの脅威に対処するためのソリューションを提供しています。

セキュリティのオーケストレーション、自動化、応答エンジンは、セキュリティインシデント応答、脆弱性応答、脅威インテリジェンス機能とともに、インテリジェントなワークフローを活用しています。該当製品が既存のセキュリティ製品からアラートを受信すると、イベントを重複排除してセキュリティインシデントを作成し、影響を受けた資産を構成管理データベースと照合して優先順位を決定し、様々な処理の自動化を助けてくれます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*